新刊

マンガでやさしくわかるチームの生産性

マンガでやさしくわかるチームの生産性
著者 沢渡 あまね
松尾 陽子 シナリオ制作・作画
ジャンル ビジネス書籍 > リーダー・管理者・マネジメント
シリーズ マンガでやさしくわかるシリーズ
出版年月日 2018/11/30
ISBN 9784820731610
判型・ページ数 4-6・224ページ
定価 本体1,500円+税

働き方の見直しに向けた動きが強まる中、「長時間労働の削減」や「生産性向上」に取り組む企業は少なくありません。しかし、多くの場合は「時短」ばかりに重きが置かれがち。時短は即効性があるものの、個人のスキル依存になりがちで、持続性は乏しいのが現状です。そのため、チームとして業務全体のプロセスを見直すことでそもそもの業務量を減らしていくことが、生産性を向上させていく上で重要となります。

本書ではそのノウハウを、とある企業の営業部主任がある日突然、社長からリーダーに任命されて進めることになった「生産性向上」プロジェクトを描いたマンガストーリーとともに、4つの活動フェーズに分けて紹介します。

単なる生産性向上や働き方改革ではない、自社や個人の「らしさ」「勝ちパターン」がわかります。
プロローグ
Part1 現状把握フェーズ
Part2 検討フェーズ
Part3 実践フェーズ
Part4 浸透フェーズ
エピローグ

ご注文

1,500円+税

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧