経営を強くする戦略経営企画 (単行本)

経営を強くする戦略経営企画
フォーマット:
単行本 電子書籍
著者 株式会社日本総合研究所
ジャンル ビジネス書籍 > 経営・事業戦略・問題解決
シリーズ 書籍・単行本 > 戦略部門シリーズ
出版年月日 2017/12/01
ISBN 9784820726258
判型・ページ数 A5・224ページ
定価 本体1,800円+税
経営視点での経営企画「戦略」と現場視点での経営企画「戦略」のシナジーを生み出す「戦略的な経営企画」をめざすための指針を提案します。
 
「もっと新しくて儲かる事業はないのか」「社内の改革スピードが遅すぎる」
 目まぐるしい変化が起こる現代の事業環境を勝ち抜いていく上で、経営企画として要請されるテーマ、スキル、活動は多岐にわたるとともに、常に変化への適応も求められ、まさしく経営企画部門面目躍如(もしくは受難?)の時代といえそうです。
 
世の中の経営企画部門をのぞいてみると「M&Aに特化」「新規事業開発に特化」したような企業もあれば、「中計の策定」「予算の編成・管理」「取締役会の事務局」などから突発的な「特命プロジェクト」まで幅広い守備範囲をカバーする企業など、その実態は多種多様のようです。同様に、経営企画部員の方々の悩み・課題もさまざまです。
「うちと同じくらいの規模の会社の経営企画部門(機能)ってどんな感じだろう?」
 「儲かっている会社とそうでない会社の経営企画部門(機能)は何が違うんだろう?」
 「世の中の経営企画部員は何に悩み、何を目指しているんだろう?」
 
海外展開、新規事業立ち上げなど、新たな収益源を確保するため、そして迅速な経営判断のために、経営企画には常に変化への適応が求められています。不確実性の時代を生き抜く「戦略的な経営企画」として本当に知っておくべきことが、この1冊ですべてわかります。
第1章 「戦略経営企画」が経営を強くする
「戦略経営企画」とは/「戦略経営企画」が必要とされる背景/本書の目的・本書の構成

第2章 世間一般の経営企画部門の実態と「戦略経営企画」のあり方
調査概要/結果サマリー/設問ごとの回答結果

第3章 不確実性の時代を生き抜く戦略経営企画の実践法
外部環境分析/内部環境分析/中期経営計画・単年度予算策定/新規事業開発を推進する/組織の見直しによって組織を活性化する/M&A戦略を推進する/人事戦略の構築/リスク管理の徹底/企業広報

第4章 戦略経営企画の実践事例
A社の事例/B社の事例/C社の事例/D社の事例

第5章 これからの戦略経営企画に求められる力と展望
これからの戦略経営企画に求められる3つの力/これからの経営企画機能が果たすべき役割とは

ご注文

1,800円+税

別フォーマットで購入

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

同じジャンルの商品

おすすめ書籍

お知らせ

一覧